ブログアフィリエイトで必要な記事の書き方を3ステップ解説

ブログでアフィリエイト記事を書いても読者に購入ボタンを押してもらわなければ報酬は発生しません。

記事が1人よがりだったり押し売りのような文章だと、売れるどころかさっさとブログから離れていってしまいます。

どんな素晴らしいタイトルで読者を引きつけても成約率を高めるような記事を書かないとダメだという事ですね。

今回は成約率を高めるための記事の書き方を解説していきます。

売れる記事の書き方

アフィリエイトでの基本的な記事の描き方を3つのステップに分けて解説していきます。

ターゲットを狭く絞る

商品を売りたい時にはまずターゲットを決めなければいけません。

ターゲットが曖昧だと脱毛に全く興味がない、脱毛の必要がない人がページを訪問し、記事を読んでも「んっ?脱毛なんて興味ないけど」とすぐにページを閉じてしまいます。

記事のPVは多いのに商品が全然売れない!って事になってしまうわけです。

脱毛器具を売りたいなら『脱毛したい人』『脱毛器具の効果があれば買いたい人』『脱毛すべき状態であろう人』などをベースに考え、男性か女性かで考えるとこの件に関しては圧倒的に女性が多そうですね。

なので『腕毛とすね毛の脱毛に悩んでいる24歳、女性』という風にターゲットを決めます。

どこの部位を脱毛したいか?いつまでに?何で脱毛したいかを考えたり、どんな悩みや不安があるかを想定して売りたいターゲットを考えて下さい。

その人の悩みや不安を振り払う事ができれば成約につながります

上のようなターゲット選定でも構いませんができればペルソナを設定する事をお勧めします。

ペルソナとはターゲットである人物像を1人リアルに作り上げることです。

ペルソナを用いることで、1人に訴える記事を書けるので成約率も上がり自分としても文章が書きやすくなるメリットがあります。

自分で商品を購入し評価する

報酬額が高いからとよくわからない物を紹介するより、商品を実際に自分で購入し使ってみた感想などを書くレビューの方が成約率が高くなります

紹介してる商品を使ったことも見たこともないのにネット上の評判を寄せ集めただけのレビュー記事も存在しますがあまりオススメできません。

なぜなら「〇〇の使い心地が抜群にいい」「みんな使ってるから信頼性がある」「値段の割には良い商品だ」など良い点ばかりを書いてしまう傾向になり、読者の本当に知りたい情報がないからです。

それにこれだと自分で使ったわけではない為、より細かな感想が書けませんよね?

そんな記事を読者が読んでも購入意思までには及ばないのです。商品の良い点だけ紹介するならそのまま商品ページを見ればいいんですから。

読者が知りたいのはリアルな使い心地や商品に不足してる点や満足出来なかった事などです。

これらを総合的に判断して自分に合った商品か?他の商品と比べ買う価値があるのか?という本音のレビュー記事を求めています。

それで納得した読者が広告リンクから商品を購入して下さるんですね。

なので商品を紹介する時は自分で使ってみてその満足した点、足りなかった点をまとめてレビューするのがベストです。

ステップ毎に分けて書いていく

読者にとって商品の使い心地がもっとも重要ですが、それ以外にも注文してからどのくらいで自宅に届くのか?梱包状態やサポートなどはどうか?なども気にしています。

なので紹介記事を書く際は商品注文から実際に使ってみた過程を書く事により読者の購入意欲をそそる事もできます。

例としてレビュー記事の流れは以下のようになります。

1、注文から商品到着

商品をネットで注文してから実際に自宅に届くまで何日かかったかを書く事は急いでる人にとっては重要項目です。

ここで、「到着まで1日!翌日には使い始めれます。」と書いてあればすぐ商品が欲しい人は迷わず購入画面に進むでしょう。

でも逆に到着までの目安日数を書いておらず、到着まで1週間程かかってしまったらあなたは何も嘘は書いてないのに悪いイメージを持たれてしまいます。

急いでるにもかかわらず1週間も待たされて「なんかこの人信用ならないなぁ」と思われてしまうんです。

2、梱包状態、商品開封

商品が到着したら梱包状態は万全か?割れ物がスカスカの段ボールにコロンとなってないか確認しておく必要があります。

最近はあまり聞かないですが、割れ物を「えっ?こんな梱包?」てぐらいガッカリする梱包をしてくる人もいます。

商品を開封する時はドキドキしますよね?自分が本当に欲しかった物ならなおさらです。

そのドキドキ感、臨場感を読者に伝えるために写真などを撮って載せるのも良いでしょう。

3、全体の質感や色

ネット上の商品画像の色と実物の色や質感が想像と異なる事は多いです。

あなたも経験はありませんか?

僕は濃ゆい赤色と思って購入したらほぼ茶色みたいな色だった。想像よりも明るい色で自分好みじゃない。など経験があります。

質感も画像で見たら艶ありな風に見えてマット系だったり逆のパターンもあります。

このような商品画像と実物の相違も詳しく書いといてあげると読者も想像しやすく親切です。

4、使ってる画像や動画

商品を使っている画像や動画を撮って公開するのは読者にとって最もイメージできる方法です。

カメラやビデオをセットして全体像を写す事がベストですが、顔出しNGの人は商品を使用してる手元の写真などでも大丈夫ですよ。

5、商品の感想を率直に書く

商品を使って見た感想を書いていきますが、良い点、悪い点それぞれ素直に書きましょう。それこそが読者の求める情報です。

良い点そのまま記事に書き、悪い点や不満な点などはストレートに書くのではなくオブラートに包んで否定する事です。

「この商品は〇〇など芸能人も愛用しており人気ある商品ですが、値段が他より高いのがネックです」などメリットありきで書けば読者に足りない点を伝えつつ、販売主から悪いイメージを持たれる事はありません。

その足りない点を補足する情報も載せておきます。

上記で言うと、値段が高い理由などを具体的に書いてあげると読者も納得してくれます。

6、おすすめ出来る人出来ない人

最後に商品を自分で使ってみて、どんな人ならこの商品をおすすめできるか?

あるいはこの人には勧めない方がいいだろうな。と考えます。

購入意思を持つ読者もすぐに効果を求める人や、使用感や耐久性を重視する人それぞれです。

効果は薄くても毎日使用するために使い心地や耐久性を求める人に、効果は絶大だけど使い捨てのような商品を勧めるわけにはいきませんよね

まとめ

以上、アフィリエイト記事の書き方3ステップを書いてきました。

全体を通して重要なのは常に読者目線で読者の事を考えてレビュー記事を書く事です。

これらを守りながら良い商品を紹介していけば成果も徐々に伸びてくるはずです。

ぜひ実践してみてください!

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする