初心者が記事を書くときにやってしまう3つの失敗

いざ記事を書き出したけど一行に先に進まない。自分の書いてる事が本当に正しいのか考えると手が止まってしまいますよね?  

それに加え1記事書くのにも2、3時間はかかってしまう。  

今回はそんな初心者がなぜ記事を書くのに時間がかかってしまうのか?  

やりがちな失敗例を3つ上げていきます。

サイトやブログを見に行ってしまう

自分なりの情報を自分の考えで書けばいい!とよく言われてますよね? 確かに慣れてくればそれも可能かも知れません。  

しかし、書き始めの頃は何を書いていいのかわからないし不安になります。

で、記事を書いてる最中「この情報は正しいかな?」「言い回しはこれで良いか?」など気になってしまいます。  

その結果途中で他のブログを見に行ったりして長々とまた情報集め、またネットサーフィンを始めてしまうなとで投稿ぺージに戻ってこれないパターンになってしまうんですよね。  

結果時間だけが過ぎて記事が書けなくなるんです。  

書いてる途中の記事を消してしまう

投稿ぺージを離れる際にやりがちなのが、本文を入力中なのに戻るボタンやリンクをクリックしてしまうケースです。  

もちろん下書き保存してないのでせっかく入力しても全てパーになってしまいます。  

こうなると一気にやる気がなくなります。  

大体記事の構成が頭に入ってればまだマシですが、「文の始めは何て書いたっけ?」「どういう言い回しで説明したっけ?」という状態では書き直す気すら失せますよね?  

僕も1500文字くらい書いた状態で全部消してしまった事があるのでわかります。 しかも一度だけじゃありません。笑  

下書きせずにページを離れようとすれば「このページを離れて良いか」とポップアップされるものが多いですが、日頃から頻繁に下書き保存するようにしましょう。  

自分の書いた事が気になる

書き慣れない文章を書くのは大変ですよね。  

ひと段落書いたら始めから読み直しておかしなところを修正しては続きを書き、また少し書いては始めから読み直し。  

この繰り返しになっていませんか? 僕も始めは文字数600くらい書くのでも1時間以上かけて書いていました。  

そして気づいたのです。

「頻繁に文を読み返すのは無意味だ」と。  

文を読み直してわるい箇所を修正する。 一見良さそうに思えるのですがこれは逆効果です。  

ひと段落おきに修正を繰り返しても記事全体のバランスが重要になってきます。  

なので段落ごとに修正を加えても結局出来上がった文章はブロック毎に分かれておりバラバラな構成になってしまうんですよね。  

なのでまずは自分の書いた文章は気にせずに一気に最後まで書いてみてください。  

そこから全体を読み返し修正を加えていった方が断然効率が良く、早く記事が書けます。  

まとめ

3つの失敗例を書いてきましたがあなたは当てはまったものはありますか?  

誰でも始めはうまく記事が書けないものです。  

自分の知識に自信を持って他のブログの意見に振り回されずに一気に記事を書く!  

そこから不具合箇所を修正するというクセをつければ記事投稿の時間短縮にもなり、文章力もついてきます。

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする