ブログネタが見つからない人のジャンルの選び方

ブログには有益な情報やノウハウ記事を書くべきと言われてます。

「やっぱり役に立つ情報を書かないといけないの?」

「そんな知識無いしどうしよう。やっぱりブログなんて無理かな?」

と思っていませんか?  

初心者のうちからそのような記事を書くのは無理があるってもんです。  

ブログを始めたばかりで最も重要なのは記事を更新しない事!  

記事を書き続けなければ文章力も成長せずに良い記事を書けるはずもありません。  

今回はそんなジャンル選びで困っている人がどのような事を記事にすればいいのかを紹介します。

自分の好きな事を書こう

ブログを更新し続けるという点で最も書きやすいのが自分が好きな事です。好きな事は趣味としてる事や興味のある事何でも良いです。  

好きな事を誰かと話したり、聞いたりする時はテンション上がりますよね?そして話してる時は夢中になってマシンガントークしてる自分がいませんか?  

その話もっとしたい!ここは聞いてほしい!そんな事をブログの記事にしてしまえばいいんです。インターネットはとても広いです。あなたの趣味に共感してくれる人がきっといるはずです。  

アクセス数も伸びてコメントをしてくれる人も出てくればあなたのモチベーションも上がり記事更新が楽しくなってきます。  

ブログを楽しみながら更新して習慣にする!そして日々更新することがアフィリエイトで成果を出す近道になります。  

得意分野や少し知識のあるネタを書く

趣味やハマってる事でなくても、あなたの得意分野などの知識を情報発信する記事を書くのも良いですね。  

得意分野といっても専門家レベルとかじゃなくて 少し詳しい程度の知識で大丈夫

普通の人より少しでも詳しいレベルでもその事を知らないユーザーも必ず存在します。  

例えば僕の友人の話なんですけど今ではスマートフォンなどのモバイル通信で一定の通信量を超えると速度低下しますよね?  

なので自宅でインターネットを契約してる場合、WiFi無線ルーターを設置して自宅ではモバイル通信を節約したりします。  

ですが、僕の友人はつい最近までこの事を知らずに毎月通信量オーバーになっていました。

WiFiルーターの事を教えてあげると「これマジスゲーな‼︎今から買ってくるわっ」とすぐに電気屋さんへ買いに行ってました。  

このように自分が当たり前と思ってた事も人によっては非常識となる場合があるという事です。あなたが「こんな知識なんて誰の役にも立たないよ。」と思っていては勿体無いですよ。

少しの知識でも人の役に立つ記事は書けるんです。自分が他人よりちょっとだけ詳しい分野を洗い出してみましょう。  

これから学びたいと思ってる事

自分の没頭出来る趣味や人より詳しい分野が見当たらない人もいると思います。  

そんな人は今勉強してる事、今後学んでいきたいと思う事をジャンルとして選ぶといいです。

例えば会社でエクセルやワードを使う事になって勉強しなければならなくなったとして、その過程を初心者目線で順を追って解説したブログにすればいいんです。  

ブログを始めるにあたってiPhoneやパソコン、インターネットなどの使用が多いですよね?特に初心者はこのような知識に弱い人もいるでしょう。  

なので自分で勉強してその事を備忘録としてブログに残す方法でもブログ記事は書けます。自分のためにもなるし、同じ立場の人の役に立って一石二鳥になります。  

まとめ

記事のジャンルの選び方3つを紹介してきました。  

ブログを運営していく上で最も大事なことは日々記事を更新し続けること。  

記事更新を継続できなくなったらそれで終わってしまいます。  

ただやはりブログの全体のジャンルとしては統一した方が良いです。普通の日記のようなバラバラの記事ではアクセスを呼び込めません。  

まずは苦無く記事を更新できるこれらのジャンルから選ぶといいでしょう。  

これらのジャンルで慣れてきたら稼げるジャンルに参入していく形の方が効率よくブログを運営していけると思います。  

最後までご覧いただきありがとうございました!

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする