良質な記事にする為に必要な文字数は?

アクセスを多く集めたり、Googleさんからの評価を上げて検索上位に表示させる為の1つのに「良質な記事を書くこと」があります。  

もちろん価値ある情報を提供するのが前提ですが、その中でも

「いったい何文字書けば良質なの?」

「2000文字も3000文字も毎日書けないよ!」と思っていませんか?  

そんな疑問にお答えしたいと思います。

良質な記事の条件

早速ですが良質な記事の条件は以下の3つがあります。

  • 読者にとって有益な記事である
  • コピペなどによるコピーコンテンツでない事
  • 内容量が多いこと

  読者にとっての役に立つこと、知りたい事を書ければ読者に良い記事だ!と思ってもらえます。  

コピーコンテンツとは他のブログの文章や写真などをコピーしてそのままペーストで貼り付けるコピペや少しは文章や単語は変えたけどほとんど同じような構成の記事です。  

最近はそのようなコピーコンテンツを見破るツールも性能を上げており、コピペした文章は一発で発見され知らずのうちに検索順位を下げられてしまうので絶対してはいけません。  

最後に内容量が多いことです。「あぁ〜やっぱ文字は多くないとダメなんだぁ」と思うかも知れませんが、あくまでも基本は文字が多い方が良いですよ!という意味です。  

たとえ文字が2000から3000文字あったとしても中身の伴ってない記事、言い回しなどでダラダラと長文にしたものは逆に低品質の記事とみなされてしまいます。

文字は少ないとダメ!、多いと良い!というわけではない

Googleでは定期的にパンダアップデートと呼ばれるものが行われています。  

これは情報の薄い記事や文字数をカサ増ししただけで内容の伴っていない記事を見て回り評価をするものです。  

低品質の記事を一斉摘発する感じですね。  

基本的には文字数は多いに越したことはなくむしろ好まれるものですが、このパンダアップデートがある為文字が多いと良い!とは言えないのです。  

反対に文字が1000文字もなく、600〜800文字の記事では全く評価されないのか?  

文字が少ないとどうしても情報が少ないコンテンツに思ってしまいますよね?  

ですがGoogleが1番重視していること。 それは「読者に価値ある情報が書かれているか」です。  

これが出来ている記事ならばたとえ600文字の記事でも検索上位に表示されています。

読者が満足出来るかどうか

前にも書きましたが文字数の少ない、多いに関わらず、読者の必要としてる情報が書かれていればそれは立派な良質な記事なのです。  

例えばあなたが東京の美味しいラーメン屋さんを探してる時に「東京 ラーメン 店」と検索したとします。  

するとそこには

「東京のラーメン全店舗の一覧」

「東京のラーメン屋で働きたい人の求人」

「東京でラーメン店を開くための方法」 と表示されました。  

このページでどんなに長文で詳しく解説されていようがそれは読者にとって不必要な情報です。  

ここで検索結果に「東京で食べれる美味しいラーメンベスト3」という記事が表示され各店舗の紹介やメニュー、アクセス方法が書かれてていたらどうでしょう。  

まさに必要としてる情報でありてなはないでしょうか。

この場合例えば500文字程度の記事でも立派な良質な記事になるのです。  

重要なのは検索する人の気持ちになって記事を書くことです。  

文字数の目安は1000文字〜1400文字

「それで記事は何文字がいいのさ?」でことですが、やはり一概には最低何文字!というのは出せません。  

他のブログなどでは「初心者は600文字から始めよう」「1記事2000文字はないとダメだ」とまちまちです。  

僕の考えは1000文字〜1400文字くらいが良いと思います。  

あまり初期段階で文字数の少ない記事を量産しても検索エンジンに評価してもらうのは難しいですし逆に文字が多いと記事の更新頻度が下がってしまい、それもブログが評価されない事になってしまいますよね。  

ですから要は多すぎず少なすぎず適度な文章量でいいんです。

まとめ

ここまで書いてきましたがやはり「1000文字も書けるかわからないよ〜」と思うかも知れません。  

その場合は無理して文字数を意識して書かなくて大丈夫です。  

読者の気持ちを考えてこの記事を読む人に必要な情報はこれだな!と読者目線で記事を書くことでそれは後々良質な記事になり得るのです。  

初期は記事の更新が大事! アクセスが増えだしたら溜まった記事を修正(リライト)してより良い記事を目指せば良いですよ。!

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする