FC2ブログの記事にテキストリンクを挿入する方法

ブログ内で下線が引いてある文字をクリックしたら別のサイトやページに移動したりしますよね?  

これはテキスト(文字)式のリンクであり、有効活用することで読者に順序よく記事を読んでもらうことも出来ます。  

今回はこのテキストリンクの挿入方法を解説します。  

テキストリンクとは?

文頭でも書いたようにテキストリンクは文字にリンクURLを組み合わせたハイパーリンクです。  

例えばこのブログのトップページに読者を誘導したい場合は以下のようなテキストリンクが表示されます。  

このブログのトップページへという感じです。

テキストリンクは文字とURL両方を設定する必要があります。  

上のテキストリンクは次のような構成になっています。

文字:このブログのトップページへ
URL:http://hiro999.com/

これをWEB言語であるhtmlのタグで囲むと  

<a href=”http://hiro999.com/“>このブログのトップページへ</a>となります。  

テキストリンクは足りない情報などを記事の途中で説明出来たりするので便利です。  

また、テキストリンクを正しく設置してブログ内を読者が回りやすいようにすれば検索エンジンからの評価もあがります。  

その反面、テキストリンクの貼りすぎで余計にわかりづらくなったり、リンクでページを離れて元のページに戻ってこれなかったり良い事ばかりではありません。正しく使うことが重要です。  

ブログをこれからやっていくにあたって必ず使う機会が増えるはずです。  

でもこんなの覚えられないしでよくわからないよー!って場合も大丈夫。  

FC2ブログや他のブログサービスでも簡単に設定出来るようになっています。  

テキストリンクの挿入方法

まずはリンク先のページのURLをコピーする必要がありますが2通りやり方があります。  

まずは1つ目のやり方です。  

ブログの管理ページから「ブログの確認」をクリックして記事ページに入ります。

  すると上の方にURLが表示されますので「http://~」をコピーして下さい。  

2つ目のURLコピーのやり方は管理画面の「記事の管理」をクリックし記事一覧を開きます。  

リンク先に指定したいタイトルを「右クリック」→「リンクのアドレスをコピー」をクリックでコピー出来ます。

今回に限らず、テキストリンクになってる箇所(主に青文字、下線入り)はこのやり方でリンクをコピー出来ます。

 

  記事の編集画面に入り、テキストリンクを挿入したい場所にカーソルをあわせて「URL」のアイコンをクリック。  

  リンクの設定画面が出てくるので、文章に表示させたい分を「タイトル」へ、リンク先のURLを「アドレス」へ入力します。  

次にリンク先のページを現在のタブで開くか新たなタブで開くか指定します。  

今回は同じブログ内でのリンクなので「現在のウィンドウで開く」にチェックを入れて「OK」をクリック。  

他のサイトへのリンクは基本新しいタブで開くようにします。  

  テキストリンクが挿入されたのを確認し「記事を保存」をクリックします。  

  「記事を確認」をクリックして公開された記事ページへ。     実際にテキストリンクをクリックしてページが移動すればOKです。  

  以上でテキストリンクの挿入は完了です。  

まとめ

始めのうちは記事の最後に関連記事を複数挿入したり、トップページへの戻るテキストリンクを挿入することから始めましょう。  

無意味にリンクを貼りまくるのは読者もわかりづらくなり、検索エンジンからの評価も下がってしまう恐れがあります。  

ある程度のコンテンツが書けたら一通り自分の記事を読んで

「ここの説明が不十分だな!」

「このページの始めにこのページのリンクを貼ればわかりやすいな!」  

というのを見つけては少しづつリンクを追加していけば良いと思います。

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする