ペルソナを設定する4つのメリット

 
アフィリエイトという実際に人にものを売る仕事ではどれだけ読者1人の疑問・悩みに答えて共感を得られるかが大切です。
 
そのためにはターゲットを明確にしなければなりません。
 
ペルソナを用いればターゲットは1人に絞られ高い集客、販売効果が得られます。
 
今回はペルソナを設定することでのメリットを4つを解説していきます。
 
まだブログでペルソナを決めておらず、ターゲットのあいまいな記事をのらりくらり書いてるならばぜひ最後まで読んでみてください。
 
ペルソナを正しく設定することにより記事も書きやすくなり、自然と読者が集まってくるようになりますよ。
 

ペルソナ設定の4つのメリット

共感を得られファンになってもらいやすくなる

 

ペルソナを設定する事はたった1人のお客さんにメッセージを書くわけです。
 
1人にターゲットを絞る事で読者の必要としてる情報が明確になりその人の心に響く記事が書けるようになります。
 
例えば「ダイエットしたい人」という大きな枠組みで記事を書くと、どこをダイエットしたいか?何のためにいつまでに痩せたいか?などがわからず、記事も曖昧な表現や内容になってしまいます。
 
一方「最近太ってきて横腹と二の腕の脂肪に悩んでいる。今年の夏は友達と海に行きたいのでそれまでに体重を5キロ落としたいけど仕事も忙しく、お金もない」と思ってる人に向けて書いたらどうでしょう。
 
これなら具体的な悩みやどうなりたいかが明確なので「夏までに横腹と二の腕の脂肪を落とし5キロ痩せる方法」をテーマにすればよいのです。
 
すると「これって私のこと?」と共感を持ってもらえ「この人なら信頼できる!」とファンになってもらえます。
 

読者が必要としてるものが明確になり成約率も上がる

  ブログでアプローチしたい人が定められるとアフィリエイトでの商品を選びやすかったり、紹介文も書きやすくなります。   例をあげると読者が副業を探しており、「副業 おすすめ」で検索したとします。   この情報だけでアフィリエイトしようとすると、膨大な副業がありますので何を勧めてよいかわかりませんよね?  

  • パチンコや競馬などのギャンブル
  • ポイントやアンケートサイト
  • 株、FX
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • データ入力
  • オークション

  他にも多くの副業があります。   初期投資無しで始めたい人に株やFXを勧めてもダメでしょうし、ネットで好きな時に稼ぎたい人にパチンコなどを勧めるのもいけません。   月に10万稼ぎたい!って人にアンケートサイトを紹介するのも無謀過ぎます。   ペルソナをもとに商品やサービスを考えていくと「副業 おすすめ」としか検索しなかったとしても、考えている事や検索で調べてきたきっかけなどの心理状態からその人の目的や動機が見えてきます。   「なぜ副業をしたいのか?」 ⇒若くして結婚して貯金もなく、会社の仕事量のわりに給料が低く今後の生活が不安だから   「ライフスタイルはどうか?」 ⇒平日は仕事と子育てで忙しく、暇な時間は夜中か土日のみ   「いくら稼ぎたいのか?」 ⇒ブラック企業でしんどいから月30万稼げるようになり、会社を辞めたい   ざっと上げてみましたがこれだけでも紹介する副業が選びやすく、文章も書きやすくなります。   「あなたは今の会社は楽しいですか?仕事量に見合った額の収入はありますか?」と問いかけて共感を得ます。   「生活費に手を付けず、好きな時間で作業できる副業がありますよ!」と条件にあった副業があることをアピール。   「会社勤めでも毎日コツコツ作業すれば月30万も夢ではありません」と実現可能であることを書きます。   すると読者が「そんな副業があるの?早く教えて~」という心境になると思うのでそこで条件を満たすブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトを紹介します。   気になっている読者はアフィリエイトについて知識がありませんので、リンクでアフィリエイトとは何か?始める手順などの記事に誘導し最後にそれに見合ったツールや教材の紹介をしていきます。   大雑把過ぎますが基本的にはこのようにペルソナの考えや心境の心理状態をついた記事を書く事で、その人が求めているものが見えてきて最適な商品を紹介することでき、成約率も高くなるのです。  

ペルソナに共通する部分がある人の共感を得られ集客効果が高まる

 

ペルソナを用いて集客すると「たかが1人相手にブログ書いても人数こなきゃ意味ないじゃん!」と思われるかもですね。
 
しかし、具体的な人物像を描く事でペルソナと共通あるいは似た部分があるユーザーも見に来てくれます。
 
例えば同じ悩み、年齢、出身、価値観、周囲環境など色々あります。
 
人間は共通点があると何かと引き寄せられていく生き物です。
 
引き寄せられたユーザーが共感を持ち記事を読み進めていけば、あなたのファンになってくれる可能性が大いにあるんです。
 
これらはあなたが集めたいと思ってるお客のみを集客する上でも重要になってきます。
 
ですがここで共感して集まってきた人に対して記事を書いてはいけません。それではせっかく共感を得られてもブログがぶれぶれになって離れて行ってしまいます。
 
あくまでペルソナという一人に対してブログを書いていくことが大事になります。
 

文章にも一貫性が出て読まれる記事になる

 

記事を書く時もペルソナの心境を考えながら「こう言ったら喜ぶかな」「この分を読んだらどんな気持ちになるだろう」と常に対話する感じで書いていきます。
 
すると、読んでいる方は自分に話しかけられているように感じ自然と読み進めてしまうんです。
 
1人を相手に記事を書くとその人あてに手紙を書くように書けばいい為とても書きやすくなり、「今日はどんな手紙を書こうかな~」と楽しくも思えてきたりします。
 
また、言葉づかいでも非常に重要になり、不特定多数にむけて記事を書いてしまうとどうなるか。
 
「~だよね」「~です」とタメ語と敬語がごちゃ混ぜになっちゃいます。
 
読んでる側としてはすごく違和感があり、「何なんコイツ!」と即ページを閉じられてしまうかもしれません!
 
これが1人に対しての記事なら年上では基本敬語、年下ならタメ語という基本はぶれる事がないので安心ですよね。
 

まとめ

ペルソナを用いてブログを書くことのメリットを以下4つ紹介しました。  

  • 共感を得られファンになってもらいやすくなる
  • 読者が必要としてるものが明確になり成約率も上がる
  • ペルソナに共通する部分がある人の共感を得られ集客効果が高まる
  • 文章にも一貫性がでて読まれる記事になる

  ブログやアフィリエイト問わず、ビジネスや集客にはペルソナは基本であり、最強のツールです。   今まで誰に向けて記事を書いたかわからないならばここでゆっくりペルソナとなる人物像を思い浮かべ自分だけの仮想読者を1人作り上げてみて下さい。

最近のコメント

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする